*

2014年7月

続...野々村竜太郎議員の説明は続

せやけど変われへんからあああ...
それやったら...わたしがぎゃあ...、ひゅひゅひゅう...立候補して、文字通りぃぃぃ...うはははははぁぁぁ 命がけひゃへぇへぇへぇ...うわああああああああ
わたすがああ

ナレーター
兵庫県の野々村竜太郎議員『政務活動費』の収支報告書が、不自然すぎることで疑惑を持たれ、おととい釈明会見を開きました。

いのちがげひゃははははははばばばばばばば...

政務活動費とは、議員の調査活動費に必要な経費のこと、野々村議員は昨年度の政務活動費に、およそ300万円の交通費を計上していたのです。

行先は兵庫県のJR城崎温泉駅105回、JR佐用駅63回、JR博多駅16回東京都内11回の合わせて195回、すべて日帰り出張で新幹線はグリーン車を利用、2日に一回以上日帰り出張した計算になる上、提出が義務付けられている領収書を添付していなかったのです。

領収書に関しては、もらい方がわからなかったと釈明した野々村議員、会見の冒頭記者にこうクギを刺していました。

幡ヶ谷の整体